HOME > 国民健康保険 給付について

ここからメニュー

ここから本文

国民健康保険 給付について

住民生活課 住民班 : 2017/10/30

こんなときに給付が受けられます


●病気やケガをしたとき
  病気やケガで治療を受けるとき、保険証を提示することにより、一部負担金を
  支払うだけで、医療サービスを受けることができます。

●出産したとき
  国保の被保険者が出産(妊娠85日以上の死産・流産含む)したときは、出産
  育児一時金が支給されます。
  ※国保から医療機関等への直接支払制度があります。

●死亡したとき
  国保の被保険者が死亡したときは、葬祭を行った方に葬祭費が支給されます。

●医療費が高額になったとき
  医療機関に支払った自己負担額が一定の限度額を超えたとき、申請をして
  認められると、高額療養費として後で支給されます。

●療養費の支給
  ・医師が必要と認めたコルセット・ギブス等の補装具代
  ・医師の同意により治療ではり、きゅう、マッサージの施術を受けたとき
  ・旅先などで急病やケガで治療を受け、医療費の全額を支払ったとき等
  ※治療費の支払いの翌日から2年、又は出産・葬祭を行った日の翌日から
    2年を過ぎると給付は受けられません。

年齢によって自己負担割合が異なります


 義務教育就学前  2割負担
 義務教育就学から69歳以下  3割負担
 70歳以上73歳以下  2割負担  ※1、※2
 74歳  1割負担  ※2

※1 昭和19年4月1日以前生まれの方は1割負担となります

※2 現役並み所得者は3割負担となります


担当課へのご質問・ご意見